オンラインヨガをパソコンで行う場合のWEBカメラ選び【5つの基準】

パソコンにWEBカメラがそのまま搭載していればよいのですが、ついていないことも多かったりします。

また、ついていたとしても内蔵カメラや内蔵マイクだと、あまりうまく聞こえない可能性もあったりします・・・。

そこで今回は、オンラインヨガをパソコンで行う場合のWEBカメラ選びの基準について、説明します。

オンラインヨガをパソコンで行う場合のWEBカメラ選び【5つの基準】

USB端子のタイプを確認する

基本的なところですが、USBの接続端子なのか?といったところも、確認しましょう。

最近のノートパソコンですと、USB-C端子が増えてきていますが、基本的にWEBカメラのUSB端子はUSB-typeAになっているかと思います。

最近増えてるUSB-C端子

フレームレート

フレームレートとは、カメラが1秒間に何枚の画像を出力できるかの数値のこと。

この数値が高いと、再生した際のコマ数が多くなるため、動きがなめらかになります。

特に動作が激しいものに関しては、コマ数が少ないとそれだけで動きが飛んでしまい、ストレスを感じます。

最低でも30FPSのものを選びましょう。

画素数(HD画質)

画素数とは、1枚の画像がいくつの点の数で作られているのか?ということを示しているものになります。

当然画素数が上がれば上がるほど、高画質になります。

 

Webカメラで配信を楽しむのであれば、最低でも100万画素以上のものをオススメします(HD画質)。

画質にこだわりがある場合は、もう少し高い200万画素以上のもの(フルHD)を選ぶと良いでしょう。

特にヨガを行う場合に、画素数が低いと手元が細かく見えないため、ストレスになることも。

マイク機能がついてるもの

オンラインでヨガを行う場合、ヘッドセットをつけて行うとコードや頭部の締付けなど、不自由さを感じてしまうことがあります。

そこでオススメしているのが、マイクが内蔵されているWEBカメラ。

 

WEBカメラの中にはマイクが内蔵されているものがあり、内蔵マイクを使うことにより、マイクを別に買う必要が無く、オンラインでヨガを行うことが可能です。

視野角(画角)

視野角(画角)は、映し出せる角度のことです。

お家でヨガを行う場合には、視野角が広いほうが、少ないスペースで部屋全体を映し出せるため、画面内に収まりやすくなります。

出来れば90°以上のものが望ましいでしょう。

まとめ

今回はWEBカメラ選びについて、説明しました。

 

  • フレームレート 30FPS以上
  • 画素数 100万以上(HD画質以上)
  • マイク機能 あり
  • 視野角(画角) 90°以上

この4つの基準を確認して、自分にあったWEBカメラを選んでくださいね!

 

※現在結構な確率でWEBカメラが販売停止になっているため、お手数ですがお探し頂く形にさせていただきました。

おすすめの記事