第6チャクラ 開く方法 ヨガ

簡単ヨガダイエット!驚きの効果と方法【動画付き】

綺麗に痩せる!ヨガダイエットの効果やポーズを紹介しているサイトです。気になる部位別に引き締め効果が高いヨガポーズ動画をまとめています。

第6チャクラを開く方法【ヨガ動画】



第6チャクラ

 

第6チャクラはアジニャーチャクラとよばれ、眉間に位置に、「第三の目」と呼ばれます。対応カラーは藍色。自分も含めすべてを客観的に捉えることで物事を平等に判断するのが第6チャクラの働き。

 

物事をすべて客観的に捉えることは、同じ目を使っていたのではなかなかできません。そこで「第三の目」が必要になるのです。
 
客観的に捉えるということは、少し冷たい印象を受けるかもしれません。しかし、そうではなく客観的に見つめることによって、改めてその対象に対するありがたさを感じることができます。

 

近すぎるとわからないということはよくあることです。あらゆるものと距離をとることで、視野が広がり、冷静になれます。冷静さが、寛大な気持ちや優しさを生み、見守る視点を持つことができるのです。

 

客観的に見ることは、対象と距離を縮めて調和し、一体感を得るために欠かせないことなのです。
 
第6チャクラ乱れ度チェック

    • 考えをまとめるのが苦手
    • 眉間に縦ジワがある
    • 慌てて自分を見失ってしまうことがある
    • 見守るのが苦手で口出しをしてしまう
    • 頭がボーっとすることが多い


該当項目が多い場合は第6チャクラが乱れている可能性大!

第6チャクラが乱れると


自分のことばかりが先行し周りが見えなくなれます。広い心で冷静に相手を見ることができないのでいつもイライラしがち。ちょっとしたことで感情的になりがちです。

第6チャクラが開くと


あらゆるものを客観的にみることができるようになります。そうすることで、相手の気持ちに深く共感できるようになり、相手の言いたいこと、伝えたいことが手に取るようにわかるようになります。

 

そして、あらゆるものを穏やかな気持ちで見守ることができるようになります。第三の目が開くことで、真実を見抜ける直感力も冴えてきます。

第6チャクラを開く方法

    • ヨガのポーズ中に自分の体を見守る

ヨガのポーズを中に、自分の体の感覚を感じて、味わい、見守る練習をしてみましょう。自分の体がどう動いているか、痛み、疲れ、あらゆる感覚に目を向け、感じるようにします。もし、うまくいかないと感じた場合は、第1~第5のチャクラの見直しをしてみましょう。

    • 目のトラクタ


目と第6のチャクラは関係しています。頭が冴えず、ボーっとしている時は目もどんよりしていて、頭がスッキリしている時は目にも輝きがあります。

ですから、目の筋肉をストレッチし、疲れを取り輝きを取り戻すことで頭の中もスッキリし、第6チャクラを目覚めさせやすくなります。

<目のトラクタの方法>

1.楽な姿勢で座ります。リラックスして、頭を動かさずに目だけ上をみて深呼吸しながら30秒キープ。ポイントは視界に意識を向けないこと。目の下側の筋肉が引き伸ばされているのを感じましょう。

2.次に下→右→左と同様に続けるます。できれば右上→左下→左上→右下と続けます。

3.最後に両手をこすって、手のひらを目の上に置いて30秒温めます。

    • 木のポーズ

ヨガのポーズの中でも、見守る感覚を実感しやすいのは「バランス系」のポーズです。バランスが崩れても、またポーズを取り少しずつ調整する。その過程を優しく見守ります。
 

 
 
いかがでしたでしょうか?
第6のチャクラ、アジニャーの本質は全てのものを見守るということ。自分の内側、外側、他人、あらゆるものを等しくやさしい眼差しで見守るということなのです。
 
第6のチャクラが整うには第1~第5のチャクラが整っていることが前提となります。ここに至るのは簡単なことではないかもしれません。第6のチャクラが整うと自分も周りもHAPPYな日々を暮らせるようになります。ぜひ、試してみてください!



pick up!

「ヨガダイエットって本当に痩せるのか気になる・・」
ヨガで痩せるメカニズムを知りたい方や、
ヨガダイエットの驚きの効果をもっと知りたい方はこちら
>>知らなきゃ損!ヨガダイエットの効果が凄い

タグ :  

ヨガ哲学

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る