腹式呼吸 効果

簡単ヨガダイエット!驚きの効果と方法【動画付き】

綺麗に痩せる!ヨガダイエットの効果やポーズを紹介しているサイトです。気になる部位別に引き締め効果が高いヨガポーズ動画をまとめています。

呼吸を変えて、ハッピーホルモンをどんどん出そう!



腹式呼吸 効果

 

 

深呼吸するとリラックスできると一般によく言いますが

これはどんなメカニズムが働いているのでしょうか?

 

今回は深い呼吸がもたらすリラックス効果のメカニズムを解説します。

 

まず、呼吸は自律神経と深い関係があります。

自律神経は、心臓の動き、食べ物の消化、体温の調節など、生命を維持するうえで重要な体の機能を調節してくれている神経です。

息を吸っている時、交感神経が優位に、吐いている時、副交感神経が優位になります。

交感神経が優位になっている時は、いわば戦闘モードで体が緊張している状態です。

一方、副交感神経が優位な状態では、リラックスしている状態になります。

深い呼吸をすると、脳からハッピーホルモンが出る!

深い呼吸をしている時は副交感神経が優位になります。

すると、α波(アルファー波)、θ波(シータ波)が出て、脳からはセロトニンが分泌されます。

このセロトニンがハッピーホルモンの正体。
 
セロトニンはストレスを緩和、心を安定化し、爽快感、幸せな感を引き起こす脳内物質です。
深い呼吸は、脳波を刺激し、セロトニンという脳内ホルモンを分泌、
その結果リラックスできるというしくみになっていたのです。
 
呼吸を意識するだけで、緊張、リラックスのスイッチを切り替えることができるのです!
 
逆に浅い呼吸をすると、私たちにどんな影響があるのでしょうか?
浅い呼吸をすると、交感神経が優位にたち、β波(ベーター波)が出て緊張状態になり、イライラしやすくなります。
 
イライラストレスはダイエットや美容の大敵!
私たちは普段呼吸が浅くなりがちなので注意が必要です。

イライラしがちな時は、特に深い呼吸を心がけストレスをコントロールしていきましょう。

 



pick up!

「ヨガダイエットって本当に痩せるのか気になる・・」
ヨガで痩せるメカニズムを知りたい方や、
ヨガダイエットの驚きの効果をもっと知りたい方はこちら
>>知らなきゃ損!ヨガダイエットの効果が凄い

タグ : 

ヨガの効果 ヨガの呼吸 腹式呼吸の効果

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る