体が固い 太る 原因

簡単ヨガダイエット!驚きの効果と方法【動画付き】

綺麗に痩せる!ヨガダイエットの効果やポーズを紹介しているサイトです。気になる部位別に引き締め効果が高いヨガポーズ動画をまとめています。

体が固いと太るって本当!?



体が固い 太る

 

体が固いと太りやすいというのは本当でしょうか?ダイエット中は、太る原因を排除していくことが大切!

今回は体が固いデメリットと太る原因について検証していきます。

 

血流が悪くなり体の不調が出る


体が固い状態では、筋肉が硬くなっている状態です。筋肉の収縮が十分に行われていないので、血液の流れが悪くなります。血液の流れが悪くなると、体の老廃物がたまり、むくみ、肌荒れ、疲れ、冷えの原因になります。

体が冷えて基礎代謝が下がる


血液の流れが悪くなることで、体の末端の細胞に栄養がいかなくなります。すると、私たちの体は消費するカロリーを抑えようとします。そして体はますます冷え、基礎代謝が低下してしまうのです。体温が1℃下がっただけで、基礎代謝の12パーセントが下がると言われています。

 

基礎代謝とは、私たちが寝ている時、何もしていなくても消費されるカロリーのこと。私たちの1日の消費カロリーの約70%は基礎代謝が占めています。ですから、その基礎代謝が下がれば太りやすくなるのは当然のことです。

動くのがおっくうになり消費カロリー低下の悪循環


先ほどもお話したように、体が固いと血液の流れが悪くなり、疲労物質が体に溜まりやすくなります。すると疲れやすくなり、体を動かすことがおっくうになりがちです。そうなると、自然と運動量が減り1日の消費カロリーも少なくなります。

 

 

いかがでしたでしょうか?
体が固いと基礎代謝が落ちて太りやすい原因になってしまいます。それだけではなく、肌荒れ、疲れ、冷えとデメリットがたくさん!次回はヨガで体は柔らかくなるのか検証します。

 

NEXT>>ヨガで体は柔らかくなるのか?



pick up!

「ヨガダイエットって本当に痩せるのか気になる・・」
ヨガで痩せるメカニズムを知りたい方や、
ヨガダイエットの驚きの効果をもっと知りたい方はこちら
>>知らなきゃ損!ヨガダイエットの効果が凄い

タグ : 

ヨガの効果

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る