ヨガ 呼吸 注意

簡単ヨガダイエット!驚きの効果と方法【動画付き】

綺麗に痩せる!ヨガダイエットの効果やポーズを紹介しているサイトです。気になる部位別に引き締め効果が高いヨガポーズ動画をまとめています。

ヨガ初心者が「呼吸」で注意すべき5つ



ヨガでは呼吸をとても大切にします。それはなぜでしょうか?

 

ヨガの呼吸法はプラーナヤーマと言います。プラーナは生命エネルギーのことで、アーヤーマはコントロールするという意味があります。

 

ヨガにおける呼吸とは〝生命力〟を取り入れて、そのエネルギーを体内で巡らるための手段と考えられているのです。ヨガでは、この目に見えないプラーナをコントロールし、心身に調和をもたらすことを一つの目的としています。ヨガの三大要素の一つである呼吸。今回はヨガの初心者が注意すべき呼吸のポイント5つをお伝えします。

 

ヨガ 呼吸 注意

 

 

 

    • 呼吸を止めない


ヨガのアーサナ(ポーズ)を行っていくと、最初のうちは呼吸を止めてしまうことがよくあります。大切なのは呼吸を止めないということ。ヨガの呼吸とアーサナ(ポーズ)は連動しています。息を吐くときに私たちの体の筋肉はゆるみ、アーサナ(ポーズ)をより深めやすくなります。呼吸を止めてしまうことで筋肉を痛める原因にもなるので、意識的に呼吸を行っていきましょう

    • 鼻で呼吸する


ヨガの呼吸は基本的に鼻で行います。鼻で呼吸することで、外から入ってくる空気を浄化する効果があります。また、鼻で呼吸することで、入ってくる空気の量、温度も調節できるので、質の高い呼吸ができます。
このことは、ヨガだけではなく普段から意識しておく必要があります。鼻は、空気清浄機と加湿器のような役割を果たしてくれています。知らず知らずのうちに口呼吸になっているという方もいます。意識して鼻から呼吸することできれいな空気を体に送り込むようにしましょう。

    • 深く、長い呼吸を心がける


呼吸を深く、長く行うことで空気をたくさん体内に取り込むことができます。私たちの普段の生活では肺の20パーセントほどしか使っていないと言われています。肺にたくさんの空気を送り込むことで、横隔膜が動き。それにより横隔膜の下にある内臓がマッサージされ、内臓が活性化されていきます。

    • 下腹部を意識する


下腹部に重心を置くように意識してみましょう。おへその少し下、下腹の内部にありに丹田があると言われています。丹田とは、簡単に説明すると気力が集まるとされる所です。呼吸の際、丹田を意識することにより、自律神経系が過剰に緊張している場合はリラックスさせ、疲れて機能低下している場合は適度の緊張を取り戻させて調和を回復させることができます。

    • 「吐く」ことを意識


私たちの多忙な生活の中では不安や緊張する場面も多く、気づかないうちに息を止めてしまっていたり、吐き切れずに短い呼吸を繰り返していることが多いです。
ヨガで呼吸を行う際は吸うことよりも、吐くことを意識していきましょう。息を吐き切ることで、体内のプラーナを循環させることができます。

今回は呼吸の5つのポイントについてお伝えしました。普段の生活では意識することのない呼吸。ヨガで正しい呼吸を身につけると、体に生命力をとり入れ体内に巡らせることができるようになります。

 

ストレスを受けると、私たちの呼吸は浅くなりがちです。呼吸と心は連動しています。日常生活の中でも深い呼吸を心がけるようにしていきましょう。

 

>>こちらでヨガの代表的な呼吸法7つの解説とやり方を解説しています。
腹式呼吸と胸式呼吸
完全呼吸とハタ呼吸
カパラバティ浄化法、ウジャイ呼吸、ヴリッティ呼吸法



pick up!

「ヨガダイエットって本当に痩せるのか気になる・・」
ヨガで痩せるメカニズムを知りたい方や、
ヨガダイエットの驚きの効果をもっと知りたい方はこちら
>>知らなきゃ損!ヨガダイエットの効果が凄い

タグ :  

ヨガの効果 ヨガの呼吸

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る