ヨガ 注意点 初心者

簡単ヨガダイエット!驚きの効果と方法【動画付き】

綺麗に痩せる!ヨガダイエットの効果やポーズを紹介しているサイトです。気になる部位別に引き締め効果が高いヨガポーズ動画をまとめています。

ヨガを自宅で効果的に行うためにおさえるべき注意点6つ



ヨガ ダイエット 

 

せっかくヨガを行うなら、効果的に気持ちよく行いたいものです。今回は初心者の方が自宅でヨガを行う際の注意点をお伝えします。

 

服装は締め付け感が少ないものにする


締め付け感が強い服装でヨガを行うと、動きに制限がでるのでせっかくの効果が半減してしまいます。
ヨガはリラックスした状態で行うことが大切。靴下は脱ぎ、締め付けが強いものは着替えましょう。

空腹の時に行う


満腹の時は、血液が胃に集中している状態なので、代謝を上げにくく、エネルギーを消費しにくくなります。また、満腹の状態では、体が重くヨガに集中できません。食後すぐは避け最低でも1~2時間、できれば3時間空けるようにしましょう。

入浴直後のヨガは避ける


入浴直後は体が柔らかくなっているので、ヨガに最適と思いがちです。しかし、入浴直後にパワフルなヨガのポーズを行ったりすると心臓に負担がかかる場合があるので避けましょう。最低でも30分位は間を空けるようにします。

ヨガを行う環境を整える


ヨガを行う際は、リラックスしながらヨガの動きに集中できるような環境づくりが大切です。室内の空調に気をつけ、換気をしたり綺麗な空気を体内に取り込むことができる環境にします。リラックス効果を高めるため、アロマオイルを利用するのもおすすめです。

ヨガマットを用意する


ヨガマットの必要性や選び方については以前お伝えしました。
ヨガマットなしでポーズを行うと、硬い床に骨が当たりポーズに集中できなくなります。体への負担軽減のためにヨガマットを準備することは大切です。ヨガマットはグリップ性があり、体の滑りを抑えてくれるので安全にヨガを行うことができます。動きに集中し、体を大きく動かすことができるのでヨガの効果も高まります。どうしてもヨガマットを用意できない場合にはせめてバスタオルを引くようにしましょう。

呼吸を大切にする


呼吸は非常に大切なので、個別ページで詳しい注意点についてお伝えしています。
ヨガに慣れないうちは、ポーズの形に注意が向き体の限界点に来た時呼吸を止めてしまいがちです。呼吸を止めないように注意しましょう。また、呼吸は腹式呼吸が基本です。呼吸は口ではなく、鼻から行うようにしましょう。

 

 

いかがですか?
ヨガを行う際にポイントを抑えるか否かで効果に差がでます。

また、安全にヨガを行うためにもこれらの注意点を守ることは大切です。

ヨガを実際に行う際は、決して無理をせず、ゆっくりリラックスして行っていきましょう。



pick up!

「ヨガダイエットって本当に痩せるのか気になる・・」
ヨガで痩せるメカニズムを知りたい方や、
ヨガダイエットの驚きの効果をもっと知りたい方はこちら
>>知らなきゃ損!ヨガダイエットの効果が凄い

タグ : 

ヨガの基礎知識

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る